FuelPHP:Herokuでの環境変数でdevやproduction環境の設定

雄大です。

最近はPHP on Herokuでサービスを作っています。

FuelPHPで、DBなど、環境によって、向き先が違う場合があると思います。

 

FuelPHPでは、bootstrap.phpにて、環境の設定を行います。下記の部分です。

Fuel::$env = (isset($_SERVER['FUEL_ENV']) ? $_SERVER['FUEL_ENV'] : Fuel::DEVELOPMENT);

明示的に

Fuel::PRODUCTION

など、書く時もありますが、これだと、本番なのに、dev環境の設定をしてしまったなど、あるかもしれません。

Herokuの場合は、Herokuコマンドで設定を行うことができます。

heroku config:set FUEL_ENV=production

このように値をsetしていくだけで、このherokuは本番なのかそうでないのか、予め決めておくことができ、とても便利です。

コメント