SMART deployとは。

Webエンジニアの雄大です。

SMART deployには3種類のモードがあります。

1.HOT deploy
2.WARM deploy
3.COOL deploy

ここでは1と3だけ、記述しておきます。

1.HOT deploy
開発用のモードでリクエストを受け付けるたびに必要な
コンポーネントを毎回登録することが出来ます。
加えて、クラスの変更が即座に反映させるため。開発効率を高めることができます。

Javaを初めて触った時、いちいち、Tomcatの再起動とかしていて、イライラして、大嫌いになった記憶
がありますが、今はこのモードのおかげで、大分開発効率が上がったなと。

こちらに、わかりやすい図が載っている引用します。

引用元:http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/saweb03/saweb03_1.html

3.COOL deploy
運用時に利用するモードで、S2Containerの起動時にすべてのコンポーネントを登録します。
クラスのリロードは行われません。

参考著書

【送料無料】Seasar2徹底入門

【送料無料】Seasar2徹底入門
価格:3,990円(税込、送料別)

コメント