Perlのメモ

初めてのPerl第5版
¥3,780
楽天

最近はこれを見てお勉強中です。
それにしても、PHP,Javaだけでなく、最近はPerlも触るようになってきました。

さて、下記は学習メモです。

exit
実行中のPerlプログラムを終了して、引数の値をステータスコードとして返す
———————————–
readdir:ディレクトリの内容を読み取る
————————————
配列と要素
my @配列名 = (要素0,要素1,要素2); 配列にリストを代入
print $配列名[0]; 配列の最初の要素を表示(添字は0)

覚え方
@rrayと$calar
—————————————-
配列とリストのさまざまな処理

配列への代入
my @array =(31,41,59,26);
—————————————-
defined関数
もしも$itemがundefならば式defined($item)は偽を返す
#sample code

my @array = ();
my $ item = pop(@array);
if (defined($item))[
print “$item\n”;
}else{
print “undef\n”;
}
—————————————-
{}と[]の違い。
ハッシュへの追加は
$hash{$key} = $value;

配列の要素への代入
$array[$index] = $value;
—————————————-
foreachの変数省略

foreach my $item (@score){
$sum += $item;
}

#$itemは省略できる。
#$_はデフォルトの変数
foreach(@score){
$sum += $_;
}
—————————————-
『undef』の意味
未定義
—————————————–
perl ライブラリファイルの最後の1の意味
requireで取り込まれるファイルの最後には、1という行で書かれている。
requireでファイルを取り込む際に、最後に評価された値が偽(例えば0)なら
filename.pl did not return a true value という警告が表示される。

コメント