さくらレンタルサーバーでPHP5.6をあるドメインだけで使う方法

さくらのレンタルサーバーでビジネス版を使っている会社があったのですが、全体の環境がPHP5.2で動いていました。

 

ただ、多くのサービスがのっているので、全体を5.6にしてしまうのは非常に危険です。

 

そこで、ドメイン(ディレクトリ)単位で全体は5.2ですが、新規ドメインで新しい箇所に関してはPHP5.6化させたいと思います。

.htaccessの最初に2行を追記してあげる。隠しファイルのようになっている場合もあるので、要注意。

Action myphp-script /php.cgi
AddHandler myphp-script .php .html

php.cgi

上記のファイルがない場合は、新規作成

#!/bin/sh
exec /usr/local/php/5.6/bin/php-cgi

そして、500エラーが出た場合、権限周りの可能性があるので、php.cgiのパーミッションを705に設定。私は下記のコマンドで叩きましたが、FTPツールなどでも、変更できます。

chmod 705 php.cgi

最後にPHPのバージョンを調べましょう。

このあたり、上記、書いてあることがあまりわからない場合は、あまり、いじらないほうが良いかもしれません。

基本的にはPHPのバージョンは高いものを使ったほうがいいですが、特に、5.2から5.3のバージョンはかなり違うPHPだと思っているので、下手にバージョンアップしないほうがいいと思っています。

小規模であれば、テストができますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

WP-SpamFree by Pole Position Marketing